夏休み中のテレワーク メリットとデメリット

2021.07.28

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
テレワークのことなら実践率100%、緊急事態宣言中出社率70%減達成のネットリンクスにおまかせください!

夏休み中のテレワーク メリットとデメリット夏休みが始まりました!

「長い休みをどう過ごそうか」「昼ご飯はどうしようか」は、毎年恒例の悩みです。
私の場合、去年までは子どもの留守番時間をできるだけ短くする為に、半ば強引にスイミングスクールや学習塾の夏期講習を予定に入れていました。

今年はテレワーク・在宅勤務ができることになり、これまでとは違う夏休みとなりそうです。
そこで夏休み中のテレワークのメリットデメリットを考えてみました。

<メリット>

  • 留守番の心配事が減る。別室にいても親子がお互いの気配を感じられると安心。
  • 出勤時間がないので、余裕をもってお弁当づくりなどの家事ができる。
  • 暑い夏の通勤による体力と時間の消耗を減らせる。

→精神的時間的なメリットが大きく、家事と仕事の両立の敵=イライラが軽減できそうです。

<デメリット>

  • 仕事に集中できない
    (例:子どもに話しかけられる。子どもがダラダラと過ごしている姿が見えてイライラする)

→仕事中は一緒に遊べないことを子供に説明して理解してもらう必要があります。またダラダラ防止のために、夏休みの全体スケジュールと1日ごとの計画表や時間割を作るとよいでしょう。


何事も一長一短ですが、働く親にとってテレワークという選択肢はメリットが大きいといえます
従業員の事情や仕事内容にあわせて働く場所を選べることが大切です。仕事も夏休みの宿題も計画に!

スタッフコラムをもっと読む

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー

目玉セミナー