ページトップ画像_アートボード 1

メディア実績

メディア実績

VISION OKAYAMA(2020年10月26日号)

月額5万円のお手軽RPAの導入提案 作業自動化がテレワーク化の第一歩

ネットリンクス株式会社が取り組んでいるテレワーク化の中でも、RPA(定型作業を自動化)できる「EzRobot」についてご紹介いただきました。毎日や毎月発生する定型業務を自動化することで、空いた時間を別の業務に充てることができます。

すべての業務を自動化できなくとも、自動化できる業務、できない業務に切り分けることもとても大切です。テレワーク化を推進する上で外せないものとなっているRPAについて、ソフトの導入からシナリオ作成まで丁寧にサポートいたします。

RPA(定型業務の自動化)について詳しくはこちら

牛嶋俊明 ドリームファクトリー(10月16日ON AIR)

テレワーク導入のエピソードをご紹介!

ネットリンクス株式会社 代表の前田が岡山エフエム放送の『牛嶋俊明 ドリームファクトリー』に出演しました。設立当初の話やテレワーク導入に関するエピソードなどを話しました。

今年の三月にテレワークを実施して、あっという間に半年が経ちました。その間に得たノウハウを、ぜひ皆様のお役に立てていただきたいと考えています。

テレワーク導入時のお悩みごとの解決方法のご提案はこちら

VISION OKAYAMA (No.2112 2020年秋季特別号)

テレワーク商材紹介サイト 悩みごとに導入方法開設

2020年9月9日にテレワークに役立つサービスの紹介や導入支援を発信するサイトとして開設した「おったまのテレワークガイド」について掲載していただきました。
サイト内では、お悩み別、業務別のお勧めツールの解説や導入支援をご紹介しています。

テレワークお悩み別おすすめサービス

スモールスタートも可能です。業務別テレワーク導入ステップ

テレワーク・デイズ2020

テレワークデイズ2020
実践団体・支援団体

総務省、厚生労働省、経済産業省及び国土交通省が、関係府省・団体と連携し、テレワークの普及拡大を目的として実施しているテレワーク・デイズ。

2020年版のWEBサイトにネットリンクス(株)が実践団体、支援団体として掲載されました。
実践団体の報告書には、社員の生の声や取組の改善点なども載っています。

テレワーク・デイズ2020 実践団体

テレワーク・デイズ2020 支援団体

ネットリンクス(株)は岡山・香川のテレワーク普及を応援しています。
様々な支援メニューをご用意しておりますので、テレワークにお悩みの方はぜひご相談ください。

相談から導入支援までOneStopで対応いたします!テレワークサービス一覧

テレワークお悩み別おすすめサービス

スモールスタートも可能です。業務別テレワーク導入ステップ

glocal 岡山商工会議所会報(2020年9月号)

明日を拓く企業の戦略

元は不動産事業を行っていた弊社がITに参入したきっかけや、成功の鍵となった3つの戦略など、弊社の設立から現在に至るまでが掲載されています。

2020年3月の一斉休校実施に伴い開始された弊社の「一斉テレワーク」ですが、即座にテレワークに切り替えられたのは、事前に社内環境のクラウド化を推進していたためでした。

クラウドストレージ「BOX」へのデータ保存や、テレワークでも利用できる勤怠管理など、実際にテレワークを実施中のネットリンクスだからこそ実務ベースでのご提案が可能です。

社外や自宅からでもセキュアにアクセスできる「BOX」へのデジタルシフト

山陽新聞(2020年8月26日)

[コロナ禍に思う]在宅勤務メリット実感

弊社では3月から全従業員のテレワークを実施しています。新型コロナウイルスが流行する前からサーバー依存を脱却し、クラウド上で情報を管理していたため、スムーズにテレワークに移行することができました。
この記事ではテレワークを実施することで見えてきたメリット・デメリットについても触れています。

いち早くクラウドサービスを取り入れ、業務で実際に使用している弊社だからこそお手伝いできることがあると考えています。

サーバー依存を脱却したい!
クラウドサービスはたくさん種類が合ってよく分からない…。

そんなお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。

テレワーク導入を支援する「テレワークパック」

脱・サーバー依存!クラウドストレージサービスBoxの導入支援

山陽新聞(2020年6月2日)

[コロナ禍 新卒面接解禁]採用活動 様変わり

弊社が実施した、Web会議ツールを用いたオンラインによる採用活動が掲載されました。

新型コロナウイルスの流行により対面での採用活動が難しくなり、会社説明会や面接などの採用活動が実施できないとお悩みではありませんか?
オンラインによる採用活動の良さは、県外在住者でも参加できることです。さらに今は欠かすことのできないマスクの着用も不要なため、相手の顔を見ながら話ができることもメリットでしょう。

とはいえ今まで対面で行っていたことを急にオンラインに切り替えるのは難しく、思わぬトラブルに見舞われてしまうことがあるかもしれません。

弊社では実務でもWeb会議ツールを利用しているため、スムーズな進行をサポートすることが可能です。

採用活動を支援する「リモート会社説明会サポート」

VISION OKAYAMA(2020年5月25日号)

オンラインの上手な活用提案広がる

新型コロナウィルス感染拡大を受け、不要不急の外出自粛が求められる中でオンラインの活用が進んできていますね。しかしまだ二の足を踏んでいるところも多いのではないでしょうか。

弊社では自社の新卒採用に導入したノウハウを生かし、Web会議ツールを使った会社説明会の導入支援サービスを開始しました。

スムーズな開催を支援する「リモート会社説明会サポート」

大型モニターやマイクなど、必要設備が充実しているサテライトオフィス「FROGG」を配信用会場として貸し出ししています。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

致知 6月号(2020年5月1日発行)

オンラインで「社内木鶏会」始めました!!

木鶏会とは『致知』という人間学を学ぶ月刊誌の記事を読み、美点凝視の心を大切にしながら、お互いの感想文を発表し褒めあう会のことです。

3月から社員一斉テレワーク中の弊社が、Web会議ツール「Zoom」を用いて4月5日に開催した木鶏会の様子が掲載されています。『致知』の発行元である致知出版社の方もゲストにお迎えし、総勢19名という大人数でしたが、通信障害やラグが生じることもなく楽しい木鶏会となりました。

活用マニュアルも完備!「Zoom導入サポート」

目玉セミナー