コラム

2021.03.22

モニターは多く。机の上は紙を残す。

 こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
テレワークのことならネットリンクスにおまかせください!

クラウドの進化でコミュニケーションの多様性が高まりましたが、
たまにWebに溺れてしまうことがあります。

 今何してるんだっけ。次何を開くんだっけ
とPCを前にフリーズ。挙句の果てには一番最初に目に入ってきたメール画面に没入してしまい、
5分前と全く違う仕事を始める始末。。。

この原因は2つ(個人的意見です…)
①マルチタスクリテラシー
今では一つの画面の中にあらゆるアプリが起動されている状態が普通ですが、人間の脳はそのような処理が出来るようにできていません。
Excelからメール画面に切り替えた瞬間に自分が何をしていたかわからなくなるのです。
囲碁や将棋で先読みする様なトレーニングが必要です。
※めちゃめちゃ疲れます

②インターフェイスが少ない
インターフェイスとは”人間とコンピュータがつながる部分”とでもいいましょうか。
モニター・キーボード・マウスです。
言い換えれば、目・手・指ですね。
少なすぎると思いませんか?コンピュータが無い時代は、おでこだって、つま先だって使えていました。口は言うまでもなく
PCに頼り過ぎた結果、あらゆる行動が目・手・指に集中しています。
大きなデスクでPC一つは勿体ないということです。
まずはモニターを増やしてみましょう。劇的に変わります
積極的に音声もつなぎましょう。手と指が解放され、逆に仕事効率が高まります。
ネットリンクスでは多くのクラウド商材を扱っております、自社活用や導入事例などのノウハウもございますので
ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー

目玉セミナー