ネットリンクスのチャット活用術!Chatworkの魅力とは?

2021.09.24

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
テレワークのことなら実践率100%、緊急事態宣言中出社率70%減達成のネットリンクスにおまかせください!

テレワークを始める時、心配なのが「コミュニケーション」ですよね弊社では積極的にテレワークの取り組みを行っています。
テレワークをいざ始めてみようと思ったとき、多くの方がまず不安に思うのは「コミュニケーション」ではないでしょうか。
社内で毎日顔を合わせて、同じ場所で仕事をするのに比べ、従業員それぞれの実際の働きぶりが目で見て確認できない在宅勤務はなかなか導入のハードルが高いですよね。

ネットリンクスではChatworkというチャットツールを活用し、社員同士情報連携を取っています。
コミュニケーションの中心にはこのChatworkがあり、テレワーク時も外出時もいつでもスピーディに情報を共有できる体制を作っています。

本日はChatworkの魅力と便利な機能、他のチャットツールとどんなところが違うのかをお伝えします。

Chatworkの魅力&便利な機能

①既読がつかない

LINEやSlackのような他の多くのチャットツールにある「既読」の機能がChatworkにはありません。
また、相手が「オンライン」状態か、「オフライン」状態かというステータス表示も存在しません。

Chatworkの基本は「非同期コミュニケーション」。
自分とやり取りする相手の、都合の良い時間に通信を行うコミュニケーションスタイルです。
「既読」がつかないことによって、相手からいつ返事が返ってくるかやきもきしたり、すぐに返事をしなければと焦ったり、あえて未読にしておいて置いたり...といったストレス・プレッシャーを感じることがなくなります。
自分のペースでコントロールしながら、必要なコミュニケーションを取ることが可能です。

②宛先を指定する/返信 で分かりやすいコミュニケーション

複数人が参加しているチャットでやり取りが多くなってくると、誰に対してのメッセージなのか、どの用件に対する返信なのか、一見して分からなくなってしまうこともよくあります。
Chatworkメッセージを送信する際は、宛先を指定することができます。
宛先に指定した相手には通知が送られ、メッセージの背景色が緑色に変わります。
また、「返信」機能を使用すると返信元のメッセージを簡単にたどることができます。

③リアクションで意思表示

メッセージに対して反応を示すことができます。
リアクションの種類は6つ。
返信をする程でもないけれど何か反応したいとき、「メッセージを読んだ」という意思表示に使用できます。
簡単な投票を行いたいときにも便利な機能です。

④メッセージの対応漏れ・確認漏れを防ぐ機能

後でもう一度見返したいメッセージは「未読」に戻すことができます。
1日外出の予定が入っていたり、業務が忙しくてゆっくりチャットを確認できないとき、重要な連絡事項やメッセージはサッと目を通した後、「未読」に戻しておくと便利です。

また、メッセージをブックマークしておくことでメッセージをさかのぼる手間なく、ブックマーク一覧から内容を確認することができます。


いかがでしょうか?
Chatworkなら場所や時間、利用する端末に捉われず、柔軟なコミュニケーションの場を作ることができます。
テレワークをお考えの方にも是非お勧めしたいツールです。
Chatworkを使ってみたい、社内コミュニケーションをもっと便利にしたいとお考えの皆様、ご相談お待ちしております

「Chatwork」のコラムをもっと読む

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


クラウドフェア2022開催決定!

坂の上のクラウドフェア2022「日本人の心のふるさと、伊勢から学ぼうDX神話」の開催が決定しました。
詳細は以下のバナーをクリックしてご覧ください!(ネットリンクス株式会社のHPへ移動します)