コラム

2021.03.26

知って得する?!クラウド型勤怠管理システム

 こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです
テレワークのことならネットリンクスにおまかせください!

がすっかり見ごろな季節になりました。4月に入ると散り始めてしまうようです。

いえばみなさんもよくみているソメイヨシノという品種。
病気に弱い品種のため、現在新たにあまり植えられていないそうです。
の名所づくりなどを多く手掛けている日本花の会では、病気に強いジンダイアケボノなどの品種を推奨しているそうです。いつかといえばジンダイアケボノみたいな日がくるのかもしれません。

現在、テレワークしているしていないに関わらず、多くの中小企業でクラウド型の勤怠管理システムが導入されています 
出勤簿だけの管理では残業などの計算が不透明になるため、勤務実態をしっかりと把握する目的で導入されたり、
年5日の年次有給休暇取得が約2年前に開始されて
から、管理が複雑化してきた有給休暇管理を管理するために導入されたりしていますそれだけであれば勤怠管理システムクラウド型である必要はないのですが、クラウド型勤怠管理システムにする最大のメリットが、有休や残業の申請ワークフローをシステム化することにあります

つまり紙による残業申請や有休申請を止めてシステム化することによって、申請承認業務を効率化することになるのです。テレワークをする場合も、いちいち紙にハンコを押すために出社する必要がないという点も見逃せません。が出張のためハンコが押せないということもなく、出張先で承認といったこともできるようになるわけです。

勤怠管理システムテレワークを導入したいけど、何をどうすればいいか?どこから始めたらいいか?ノウハウを教えてほしい等、なんでも是非ネットリンクスにご相談ください。

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー

20210519RPA_アートボード 1