続く在宅勤務の日々に刺激を求めて

2022.02.14

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
テレワークのことならネットリンクスにおまかせください!

2月も半分を終えようとしていますが、オミクロン株の勢いはなかなか収まりそうにないですね。
久々に通勤・通学ラッシュの時間の電車に乗ってみましたが、思っていたより人が乗っていなくて驚きました。
密を回避しているのに感染者数が減らないのはやはり感染力が強いということなのでしょうか…。
逆に感染や濃厚接触のため自宅待機をする人が増え、電車を使う人が減っていることも考えられますが。

今回はオミクロン株との長期戦が予想される中での、在宅勤務の脱マンネリ化についてお話していきます。

私が実際にやってみて、おすすめしたいと思った方法は以下の3つです。

①部屋の模様替え

在宅勤務が続くと、ずっと部屋に籠り、人と話す機会も減るので刺激が不足します。
仕事部屋の模様替えをすると気分も変わり、家具を動かすので運動にもなります。
私はPCの向こう側に窓がくるように配置をして、外の景色を見て目を休めるようにしています。

②昼休みの散歩

今の時期は寒いので外に出たくない気持ちもありますが、いざ散歩に出てみると解放感があって気持ちが良いです。
太陽の光を浴びるとセロトニンという神経伝達物質が分泌されるので、心身の健康にも良い影響を与えてくれます。

③読書

どんな本でも、読み終わったときには読む前の自分とは違う自分になれます。
読書で見つける新しい価値観新しい価値観や自分にない表現方法に触れるとそれだけで日常に刺激が生まれます。
紙媒体であればブルーライトを浴び続けた目にも優しいので一層おすすめです。

できることが限られる時代に、できるだけのことを思いっきりして、「あのときこれだけできたんだから」と未来の自分の励みになるような時を過ごせたらいいなと思います。

テレワークに関するコラムをもっと読む

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全従業員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!