テレワークによる運動不足

2021.12.20

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
テレワークのことなら実践率100%のネットリンクスにおまかせください!

12月も終盤に近付いてきましたね。
もうすぐクリスマスということで街はイルミネーションで艶やかです。
たまたま通勤中にすれ違った小学生が「今年サンタさんに何お願いした?」という会話で盛り上がっていたのを聞いて、昔は自分も「クリスマスが近づいてきたら何をお願いしようかな?」なんてわくわくしたのを思い出しました。

さて、今回はテレワークによる運動不足についてです。
過去にも運動不足に関する記事を書きましたが、いよいよ深刻な問題になってきています。

新型コロナウイルス感染拡大でテレワークを始めた企業は多いかと思います。
テレワークを始めたことで通勤時間が無くなり、通勤ストレスがなくなった代わりに運動不足になった方も多いのではないでしょうか。
スポーツ庁のサイトに掲載されている「新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について」という記事には以下のようにあります。

コロナ禍の健康二次被害とは?

民間の調査によると、外出自粛等によって以下のような生活習慣の変化や体への影響が報告されています。

  1. 1日当たりの歩数が減少
  2. 体重が増加
  3. 休校中に運動不足や生活リズムの乱れ、自宅学習の集中力が続かないこと等の訴え
  4. テレワークによる「肩こり・腰痛」「目の疲れ」等の不調の訴えが増加
  5. 座位時間が長くなることにより、血流の悪化や血栓ができるリスクが上昇  など

引用元:https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html

自分の健康を守るのは自分です。
できることからまずは始めていきましょう。

スポーツ庁のサイトに「簡単エクササイズのすゝめ」というYoutube動画があります。
室伏選手が簡単に行えるエクササイズを教えてくれています。是非参考にしてみてください。

テレワークに関するコラムをもっと読む

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!