コラム

2021.06.07

テレワーク時にケガしたら・・・・

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。 

今回は、テレワーク時にケガをした場合に労災保険の適用が受けられるのかどうなのかをお知らせします。
例えば、自宅でパソコンを使って仕事中トイレに立ったあと、作業場所に戻って椅子に座ろうとして転倒してケガをした場合。この場合は労災事故と認定されて労災保険の適用が受けられます。
逆に、在宅勤務時に、お昼ご飯をコンビニに買いに行ったときに道で転倒してケガした場合や、子供に手を取られケガした場合などは労災保険の認定は受けられません。私的な行為と業務の線引きが難しいところです。
自宅には家族がいて仕事に集中できないからと、ネットカフェなどで仕事をするケースも多くなっています。ネットカフェへの移動中のケガやネットカフェで転倒してもケガが果たして労災に認定されるのか?
これはなかなか難しいようです。労災と認められるためには、事前の会社への報告が必須のようです。どちらにしてもケガをしないように気をつけてテレワークを行いましょう。
 

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー

目玉セミナー