コラム

2020.11.16

テレワークに必要な力「マルチコミュニケーション力」

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。

最近書店でテレワークに関する書籍を置いた専門コーナーが設けられるようになりました。
ツールのノウハウ本から、テレワークの体験者のハウツー本など様々あります。
手に取った書籍に、テレワークには「マルチコミュニケーション力」が必要不可欠とありました。
「マルチコミュニケーション力」とは「多様な人と多岐に渡るツールを使い分けながら、連携をすることができる力」だそうです。
具体的にどのように行動すれば良いのか、個人的に共感した内容をお伝えしたいと思います。 

 一つめは仲間の状況をよく知ること。業務(雇用形態、経験、価値観、キャリアビジョン、副業の有無など)、プライベート(本人や家族の体調面、家事、育児、介護の役割分担など)を踏み込みすぎない範囲で察することができていれば、メンタルダウンや体調不良による離職や、相手を追い込んでしまうような状況を防止したり、仕事の連携がとりやすくなったりするそうです。二つめは「お互い様文化」という考え方。仲間に起こりうることは、もしかしたら将来的に自分にも起こる可能性があるので、「お互い様だよね」と考えることが「お互い様文化」だそうです。忙しい状況で、休みがちな人のフォローが自分にきたら「やってられない」と思うかもしれませんが、ライフイベントは順繰りに回ってくるかもしれないと長い目で見ることが大切だそうです。「仲間の状況を理解し、自分にできることを提案し、できないことは相談する」書籍で学んだ教訓です。助け合う気持ちを大切に、マルチコミュニケーション力を高めていきたいです。


岡山・香川でテレワークの導入をお考えのお客様はおったまのテレワークガイドにご相談ください。

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー 

補助金・助成金活用セミナー