コラム

2021.04.28

ロボット(RPA)について使用者・開発者にインタビュー!

こんにちは!岡山・香川のテレワークならおったまのテレワークガイドです。
今回はネットリンクスで働いているロボットについての従業員インタビューをご紹介します!

1.わしでもデキる!中小企業向きのRPA

デジタルシフトの一つであるRPA(Robotics Process Automation)。
人に代わってロボットがパソコン回りの定型業務を自動化する技術です。

ネットリンクスでは2019年12月に導入を開始しました。
数ある商品の中から選んだのはRPAソリューションズさんの「EzRobot」

「これなら、わしでもデキると思ったんじゃ!」

コスト面・技術面の敷居が低く、中小企業でも十分に活用が可能との社長の判断でした。 

早速、RPAソリューションズの講師の方をお招きして勉強会を実施。
導入決定後は社内のEzRobot習熟度を高めるために「ロボット開発コンテスト」を開催しました。

結果、今までに作成されたロボットは20体以上!
業務自体の廃止・変更やロボットの統合などを経て、現時点では10体以上のロボットが活躍しています。

2.ロボット使用者にインタビュー! 

「お願いした通りに動いてくれるのが健気で可愛い!」

「毎月発生する雑務をお願いできるようになって助かっています」

「担当者の不在で滞りがちな業務がスムーズに進むようになりました」

「真面目な新入社員が増えた感じです。定型業務をきっちり仕上げてくれます」

「要望はあるが営業時間外で対応できなかった業務を任せられ、仕事の幅が広がりました」

ネットリンクスでは主に定期的に発生する定型業務をロボットに任せています。
簡単だけど後続作業のトリガーになるような業務も多く、自動化することで業務が楽になった・スムーズになったという声が多数あがりました。

ロボット用のChatworkアカウント

ネットリンクスのRPAのあだ名はケロミ1号
専用のChatworkアカウントも持っており、チャットで作業報告やアラートなどを送ってくれます

3.ロボット開発者にインタビュー! 

「基本的にはロボットにして欲しい処理をクリックで選択するだけ!プログラミング知識がなくても開発できます」

「ロボットを何体作っても費用は据え置きな所が良いです!費用を気にせず試作できました」

「高度な処理を拡張機能で追加できるので、自分のレベルに合わせて機能を増強できるのが嬉しいです」

操作の簡単さは全員一致の意見!
手順どおりに処理を組み込んでいくだけなので感覚的に開発できます。
ロボット数の制限がないので気軽に試作できるのも助かっています 

EzRobotのロボット作成画面

EzRobotのロボット作成画面

ロボット作成画面のメニューは必要最小限の機能のみでシンプルな構成です。
とはいえ、簡単なことしかできないわけではありません!
難しい機能は「拡張機能」として必要な機能だけを無料で追加できます。

4.もっとRPAを知りたい方へ

「動いているロボットを見てみたい」
「実際にロボットを作っている様子が見たい」

そんなご要望にお応えするべく、ネットリンクスでは定期的にRPAをご紹介するセミナーを開催しています。
多数の導入事例をご紹介しているので、自社での活用イメージを膨らますのにお役立てください。

セミナー一覧

「都合の良い日にセミナーがない」
「もっと間近で見てみたい!実際に操作してみたい!」
「自分が抱えている定型業務が本当にロボットで自動化できるか相談に乗って欲しい」

より詳しくRPAについてお話しできるよう、ご要望に合わせた個別相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

個別相談のお問い合わせはこちら

最初のご相談からテレワーク導入後のフォローまで、OneStopで対応させていただきます。
テレワークでのご相談は全職員がテレワークを実践しているネットリンクスへ!
お待ちしております!


目玉セミナー

20210519RPA_アートボード 1