緊急事態宣言中の出勤者数7割削減に関する取り組み状況

2021.06.23

緊急事態宣言中の出勤者数7割削減に関する取り組み状況

令和3年5月7日に改訂された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえ、経済産業省では関係団体に対し、在宅勤務(テレワーク)の活用等による出勤者数の7割削減の実施状況を各事業者が自ら積極的に公表し、取組を促進するよう要請するとともに、公表された情報の幅広い周知について、関連する事業者と連携して取り組むこととしています。(経済産業省ホームページ「出勤者数の削減に関する実施状況の公表・登録」

ネットリンクスも緊急事態宣言発令期間のうち5/31~6/20のテレワーク状況を公表し、テレワーク推進のための取り組みについてもあわせて公表します。

定量的な取組内容

算定の対象とする従業員の範囲

テレワーク実施可能な従業員:
  • 全従業員(100%)
対象とする部門又は職種:
  • 会計コンサルティングチーム
  • ITコンサルティングチーム

目標値

出勤者削減率70%

実績及び対象期間

出勤者削減率70%
(集計期間:5/31~6/20)

具体的な取組や工夫

テレワーク推進に向けた具体的な取組・工夫

  • パートを含めた全従業員に携帯電話を貸与
  • クラウドストレージサービスの導入
  • オンライン会議システムやビジネスチャット等のIT環境を整備
  • テレワークを可能とするよう社内の就業規則を改定
  • 会議や研修を原則オンライン化

出勤者数削減に向けた具体的な取組・工夫(テレワーク関連を除く)

  • 有給休暇の取得奨励
  • 時差出勤の奨励

ネットリンクスは今後も積極的なテレワークの実施、および出勤者数7割削減の取り組みを継続していきます。
テレワークに関するお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

目玉セミナー

目玉セミナー